公開日2020.06.19 /更新日2020.06.22

大変な個別機能訓練加算Ⅱの取得を「はやまる」がトータルサポートいたします!

個別機能訓練加算Ⅱの取得に関わる心配事はありませんか?

計画書の作成に時間がかかる。機能訓練指導員の人員が不足している。実地指導で返戻の対象にならないかなど心配事は少なくないはずです。

個別機能訓練加算Ⅱは、デイサービスのご利用者さまの生活機能向上(トイレに行く、自宅のお風呂に1人で入る、料理を作る、掃除・洗濯をするなど)を目的とする機能訓練です。デイサービスのご利用者さまのニーズ、現状を把握した上で、訓練目標を設定します。そのため、ご利用者さまごとの生活背景を個別に把握する必要があることから、個別機能訓練計画書の作成に時間がかかります。

個別機能訓練加算Ⅱの取得には、人員の配置要件があります。専従の機能訓練指導員を1名以上配置することが必要です。新たな機能訓練指導員を配置することが、加算の取得のハードルを上げます。

実地指導で個別機能訓練加算Ⅱの算定要件を満たさないと判断された場合は、取得した加算は返戻となる場合があります。個別機能訓練加算Ⅱを取得してからも不安は消えません。

「はやまる」を導入することで個別機能訓練加算Ⅱの取得の心配事をサポートいたします

「はやまる」を使えば、計画書の作成は簡単です!

計画書の作成は、利用者さまのヒアリング内容を基に約7割が自動生成されます。個別機能訓練加算Ⅱの計画書の作成で、つまずきやすいポイントに利用者さまの現状把握があるかと思います。利用者さまができること、できないことを選択式で「はやまる」に入力することで簡単に計画書を作成できます。

人員要件をサポートする仕組みがあります

通所介護サービスの看護職員の人員要件は、通所介護の提供時間帯を通じて専従する必要はなく、訪問看護ステーションなどとの連携も可能です。「はやまる」を導入していただいた場合、ベストリハが看護師連携をサポートするオプションを別途契約することができます。

ベストリハの実務経験者がサポートする仕組みがあります

ベストリハには100名以上の理学療法士、作業療法士などの有資格者が在籍しています。「はやまる」を導入していただいた場合、ベストリハの実務経験者が計画書の作成をサポートするオプションを別途契約することができます。ベストリハが実地指導の不安を解消するサポートをいたします。

無料で
試してみる