独自に開発した「ヘルプケア」アプリケーションでは、計測・収集されたPHR(Personal Health Record)情報が表示されます。
専用のウェアラブル端末やタブレットを活用することで、血圧や脈拍などの日々の記録が計画書に反映できます。