公開日2021.03.01

~地域でIT介護のとりくみをスタート致します~

茨木県・大子町は高齢化率が45%の町で深刻な介護人材不足と事業運営者が不足しております。少子高齢化が加速するにあたり町全体でICTを活用した介護事業所のDX化を推進する運びとなりました。


経済産業省関東経済産業局主催の「自治体×ヘルステックベンチャー共創プログラム」を通じて,ベンチャー企業6社を選定し、共同で介護事業所のICT化にとりくんでいくことになります。ベストリハ株式会社もヘルステックベンチャーの1社として選ばれプログラムに参加することになりました。今後は地域でIT介護のとりくみを町ぐるみで共同して実行していく予定です。

茨木県大子町HP記事:https://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page005284.html


ベストリハ株式会社の理念でもある「不自由な世界をかえる」とりくみを地域の方々にもご利用いただけたらと考えております。高齢社会問題と地域課題をICTを活用して解決してまいります。

デイサービスでの加算取得・運動データの活用・書類の電子化や業務改善を検討している方へ

弊社は、都内でデイサービスを20店舗以上も運営を行い、デイサービス運営を元に作られた計画書作成支援ソフト「はやまる」を販売しております。おかげさまで販売から3か月で全国100以上の事業所さまにご活用いただいております。「はやまる」では法改正などにも対応し、計画書作成の業務改善だけでなく、運動データの蓄積、電子署名などもご活用いただけます。加算取得で増える業務量を「はやまる」を活用して改善してみませんか。

お問い合わせはこちら
無料で
試してみる